スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sweet Life 2 

Sweet Life 2


土曜日の昼下がり、真行寺はデパートまで、買い物に出掛けた。

そろそろ、鍋料理が恋しくなる時期だから…。
出掛ける前に、三洲に聞いてみた。

「土鍋って、あります?」

答えは、やっぱり『NO』だった。
一人暮らしだと、まずやらないか…。真行寺も『一人鍋』なんて、そんな寂しいものは、やったことはない…。
でも、まさか…三洲と二人きりで、鍋をつつく日がくるなんて…。
昨年…いや、つい最近まで…想像すらしていなかった。

「生きてて良かったよなぁ…」

土鍋を選びながら、顔が緩んで…隣にいた、どこかのおばちゃんに、変な目で見られた…。
慌てて、緩んだ顔を引き締めて…鍋の大きさを、どうしようかと悩んだ。
男二人だから、二人用では少し小さいような気もする…。
三人用だと…三洲は真行寺のように、『食いしん坊大将』ではないし…。
鍋がデカすぎると、言われるのがオチだから、ここは二人用の鍋を買うことにしよう…。
あとは、食材も買わなくては…。

「へへへっ、今夜楽しみ

真行寺はウキウキしながら、デパートの食品売場へ向かった。


買い物を済ませて、真行寺は一度、その荷物を置きに駐車場に戻った。
これからが…ホントの買い物。
先に買った物も、勿論そうなのだが…。
口実みたいなもので、本来の目的は…三洲へのクリスマスプレゼントを買いたくて…。
真行寺は、大学生の時からバイトで稼いだお金を、コツコツと貯めていて、社会人になった今も続いているが、真行寺はこれを、

『アラタさん貯金』

と、呼んでいる。
いつか、ちゃんとした物…残る物を贈りたいと思っていたから…。

大袈裟なのだが…。

真行寺の『愛の集大成』みたいに思っている。

買うものは、もう決まっている…。

ペアの腕時計。

今時…ペアなんて、嫌がられそうだが…。
どうしても、どうしても、三洲と一緒に時を刻みたい…。

純粋に、そう思った。

時計店に行くと、ショーケースの中にズラリと、真新しい腕時計が陳列されている。
店の照明で、また一段とキラキラと光っていた。
ショーケースを覗き込んでいると、店員のお姉さんが真行寺に声を掛けた。

「いらっしゃいませ。見たい物がございましたら、お申しつけ下さいませ」

「あっ、は、はいっっ」

食い入るように、覗いていたので、突然声を掛けられて、真行寺はビビってしまった…。
…怪しまれたか?
まぁ、そんなことはさておき…時計、時計…。

一応、一回り見てみた。
気に入った時計を見つけた。あくまでも、真行寺が…。さっきの店員のお姉さんに声を掛けてみた。

「あのぉ、すんません、これ…見せて下さい」

「はい、こちらでよろしいでしょうか?」

ショーケースから、目当ての腕時計を、出してもらって…恐る恐る値札をひっくり返した。

「…ほっ」

どうにか、予算内で済みそうだ。真行寺は、胸を撫で下ろす。
すごく高価な物は買えないけど…。

「…気持ちだよ、気持ち」

あとは、真行寺の好みで選ばれた、この腕時計…。
三洲は、どんな顔をするのだろう…?

「これと、これ下さいっ」

「はい、ありがとうございます。ご自宅用でしょうか?」

「あっ、あの、こっちのピンクの文字盤の方は、贈り物にしたいので…」

「はい、畏まりました。では、先にお会計をさせて頂きます。
只今、全品30%Offになっておりますので…こちらのお値段になります」

店員のお姉さんが、チャチャッと電卓で計算をして、真行寺にそれを差し出した。

…ラッキー!

金額を確認し、紙幣を揃えて店員に渡すと

「少々、お待ち下さいませ」

店の奥に引っ込んで行った。
同じ形の色違いの腕時計。男物なのに、ピンクの文字盤なんて珍しい…。
ピンクと言っても、薄~いピンク。何だか、三洲の手首に合うような…そんな気がして、これに決めた。
自分のは、薄~いブルーの文字盤の腕時計にした。
高価ではないけれど…しかも、30%Offだった。
…この際、やっぱり値段は関係ない!

「気持ちだよ、気持ちが大事…」

自分にそんなことを、言い聞かせていると、さっきの店員のお姉さんが、真行寺の所に、紙袋を持ってやってきた。

「大変、お待たせ致しました。こちら、クリスマス用のラッピングで、宜しかったでしょうか?」

「あっ、はいっ、大丈夫っす」

「ありがとうございました」

「どもっ」

紙袋を受け取って、時計店を後にした。
三洲への初めての贈り物…。
早く三洲に渡したい。
今年やっとプレゼントを、渡すことが出来る…。
それだけで、嬉しかった。あと、何日かで訪れるクリスマスイブが、益々楽しみになる真行寺であった。

帰り際、ふと、花屋の前で足が止まった。
毎年この時期になると、必ず店先に並ぶ鉢植え…。
ポインセチア…。
今では、色々と種類も豊富で、白やピンク、葉の形が違うものもある。
だけど…やっぱり、定番のクリスマスカラーの、赤と緑が印象的だ。

「よし、ひとつ買って帰ろう」

三洲の部屋には、元々、植物など置いてなかったが…。
と、言うか…。真行寺にとっては、三洲が花のような存在だから、買うこともしなかった。
でも、時期だし…その気分を味わいたい…。
だから。邪魔にならないような、小さなポインセチアを選んだ。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。