FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑色の風5 

緑色の風5


三洲と二人で、畑に作ってあるトマトとか胡瓜とか…楽しそうにもぐ姿を想像して、顔がニヤける…。

「…ふふっ

作物に水をやる振りをして、

『冷てぇ!』

なんつって、水掛け合っちゃったりして…。

「…あはっ俺たち、超ラブラブじゃん

真行寺の妄想は、どんどん加速していく…。

独り言を言って、一人で盛り上がっていると…。風呂から上がった三洲が、訝しげな表情をして真行寺の顔を覗き込んだ。

「…お前、大丈夫か?」

「わわっ!」

突然、声を掛けられ…妄想がフッ飛び、ボッ!と顔が赤くなった。そんなことお構いなしの三洲は、真行寺が手にしているパンフレットに目が止まる…。

「…それ、田舎暮らしのパンフレットか?」

言いながら、真行寺の隣に腰掛けた。

「あ、うんそうだよ…見てみる?」

「うん」

真行寺の肩に凭れて、パンフレットの始めのページから見ていく。

“都会で生まれ育った人の為の田舎暮らし体験”

この企画のタイトルらしい。見ていくと、山々に囲まれた集落の風景…。見るからに、不便そうな感じ。

祠堂を思い出す感覚…。

次のページを捲ると、一軒の古民家。

「…この古民家で寝泊まりするのか?」

「うん、そうみたい。何か、大家族で住むような感じだよね?部屋も広そうだし…。社長がね、この土地と建物を買い取ったみたいなんだ」

「…だから、田舎暮らし体験が出来るって訳か?」

「そーゆーことらしいよ」

「…へぇ。いつもは空き家みたいなもんだろ?誰かが管理しているのか?」

「うん。その集落の自治会長さんが管理してるんだって」

「ふぅん…。そうだよな、畑の手入れもしなきゃだし…」

「畑に作ってる物、食べて良いんだってよ……それより、アラタさん

「…ん?」

「…さっきから、いい匂いしてるんですけど…

風呂上がりの柔らかい香りに誘われ、真行寺は三洲の項に口唇を寄せて、チュッとキスをした。くすぐったそうに身を捩る三洲…。

「…あっ…よせって…。お前も、早く風呂入って来いよ…」

「…それって…今夜はOKってコト?ふふっ

逃げられないよう、腕の中に閉じ込めて耳許で囁いた。

「何でソッチに繋げるんだよ?お前はっ」

「う~んだってぇ

先程の妄想が色々甦ってきて、むぎゅ~っと三洲を抱きしめた。

「…苦しいから、離せよ」

「どうしよっかな~?」

ホントは、とても心地好いけれど…。まだ週の中日だし、出来れば早めに休みたいのだ。GW前で実の所、仕事もちょっぴり忙しい。今年のGWは9日間もあるのだが、二人でどこか行こうという話は珍しく、まだ出ていない。まぁ、どこへ出向いても混んでいるから、この部屋で過ごすのも全然悪くない…。

「…明日も朝早いから、今夜はもう寝る」

「えーっ…冷たいじゃん、もぉ」

「…さ、風呂入ってこい」

そっと真行寺の腕を解いた。真行寺は渋々、バスルームへ向かう。三洲は、もう一度パンフレットに目を通してみた…。

「…田舎暮らしね…」

“あなたの家族、友人、そして一番大切な恋人と、緑色の風を感じてみませんか?”

パンフレットの、一番始めに書いてあった言葉。

「…緑色の風?」

意味がよく分からないが…。三洲が今、一番に気に掛かっていることは…有給休暇のことである。きっと、二、三日中には課長から返事がもらえると思うけれど…。

「…ふぅ…」

少しだけ、重い溜め息が零れた…。


~・~・~・~・~・~・~


「三洲君、ちょっと…」

「はい」

課長が座ったまま、手招きをしている。三洲は席を立ち、課長の席まで歩いて行った。

「三洲君、先日の件なんだけど…。申し訳ないんだが、二日間くらいにしてもらえないかな?五日間は…ちょっとキツイんだよ」

…ああ、やっぱり。

難しいんだな。

「…分かりました。今回の件はなかったことにして下さい」

ちょっぴり、ヤケ。

「…え?良いのか?有給休暇、取りたかったんだろ?」

「…そうですが。…今回はやめておきます…。お手数掛けて、すみませんでした」

三洲は課長に一礼して、自分の席に戻った。二日間では足りないし、意味がない…。

…真行寺に何て言おうか…?普通にサラッと『有給休暇取れなかった』と言うしかないのか…。

思えば、思う程に胸がしめつけられる。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

- 1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  まとめtyaiました【緑色の風5】
  • 緑色の風5三洲と二人で、畑に作ってあるトマトとか胡瓜とか…楽しそうにもぐ姿を想像して、顔がニヤける…。「…ふふっ」作物に水をやる振りをして、『冷てぇ!』なんつって、水掛け合っちゃったりして…。「…あはっ俺たち、超ラブラブじゃん」真行寺の妄想は、どんどん...
  • 2012.05.19 (Sat) 02:57 | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。