スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Anniversary6 

Anniversary6


三洲の下半身に身を沈めて、そこを丹念に愛撫する…。

「…ぁぁ、っ…はぁ…」

「…アラタさん、ここ…ヒクヒクしてる…」

三洲の蕾を舌先で、つついてみる…。

「…やん…あぁっ…」

「…アラタさん、綺麗…」

真行寺は、ヒクつく蕾に吸い付いた…。

「あぁっ…はぁ…あんっ…」

音をたてながら、充分にそこを濡らして、そっと指を挿入した…。
指を出し入れしながら、ローションを垂らして、指をもう一本増やす…。

「…はぁ…んっ」

「…アラタさん…俺、もう我慢出来ない…挿れるよ…」

三洲の腰を抱え、自分のモノをゆっくりと、三洲の蕾へとねじ込む…。

「…っあ…はぁ…」

大好きな三洲が、痛がらないように…。

「…全部、入ったよ…」

動くからね…。

真行寺は、腰をゆっくりと動かす。
動く度に、三洲の喘ぎ声が上がる…。

「あっ…あっ…あん…あっ…真行、寺っ」

三洲は少し上体を起こして、真行寺の広い背中に腕を回した。

「…あっ……好、き…だよ…」

瞳を潤ませながら、真行寺の耳許で囁いた…。

「…俺も…愛してる…」

甘い囁きと同時に、三洲の口唇を塞いだ…。舌を絡ませ、互いの口唇を貪り合う…。
口唇を離すと…三洲の口唇がいつもより、紅く、ポッ…と、色づいていた。

「…アラタさん、色っぽ過ぎ…たまんねぇ…っ」

更に興奮した真行寺は、腰を激しく振りながら、絶頂の瞬間を待つ…。

「あぁっ、あっ…あんっ…はぁっ、あっ…やん」

打ちつけられる度に、体が跳ね上がる…。

「…アラタさん…っ、イクッ…!」

絶頂を迎えた真行寺は、三洲の腹の上に、勢いよく解き放った…。

三洲の隣に横たわり、呼吸を整えてから、三洲を抱き寄せて頬にキスをした…。

「…アラタさんのイクとこ…見たいな

三洲の耳許で囁いた…。

「…イカせてあげるね…」

真行寺の大きな掌が、三洲の萎えたモノを包み込み…上下に扱くと、忽ち硬さを取り戻した…。

「…はぁ…っ、あっ…」

「…アラタさん、可愛い

堪らず、キスをした…。

「…ぅ、んっ……ん」

扱く手を早めながら、尚も口唇を離さない真行寺…。
三洲も…離れようとせず、ただ真行寺に身を委ねていた…。

そして…。

「…イ、ク…あっ…!」

真行寺の掌の中で、達した三洲は、腕を真行寺の首に絡めた…。

真行寺は、三洲の腹の上に解き放ったものを、丁寧にティッシュで拭き取り、

「…アラタさん、可愛かった…

頬にチュッとキスをして、三洲を抱き寄せた…。

「…可愛いって、言うなよ…」

…恥ずかしいだろ。

掠れた声で、三洲が言うと、

「だって、可愛いんだもん

ホントのコトだし…へへへっ

「あ、ねぇ、シャワーしてくる?」

「…ん、まだいい…後で」

体が、けだるいのもあるが…。
ただ、真行寺の腕の中で、この余韻に浸っていたくて…。

何となく、悔しいから口には出さないが。

「じゃあ…後で、一緒にシャワーしよ~?」

…出た。

「…やだね」

いつものように、突っぱねてみる。
半分からかいで…ホンキじゃない。面白いから、いたぶりたくなる…。

「も~、何で?今、ここでスゴイ愛し合ったのに…」

三洲の顔に、頬擦りをする。

「…お前、ヒゲが痛いだろ」

「あわわっ、ごめんっ!」

真行寺が慌てて顔を離すと、三洲がクスクスと笑っていた。

「…アラタさん?」

また、何が可笑しいのやら…?
訝しげな表情で、腕の中の三洲を覗き込む。

「…お前は、いつでも俺の意地悪を、まともに受け取るんだな…」

高校生だった頃を思い出した…。

「…え?」

「…うーそーだーよっ」

「は?」

だから、何が?

「…ヒゲ」

「…ヒゲ?…あっ!そうだよ、俺、風呂入った時にヒゲ剃ったじゃんっ」

自分の手で、顎や頬を撫でてみた。

一応、ツルツル…90%くらい。後の10%は…ちょっと、剃り残し有り…。

「もぉっ!意地悪っ!罰として、一緒にシャワーだからねっ!」

「…何だよ、それ?」

行き着く先は、そこか。

結局は、一緒に入りたいだけなんだろ?

「そうだよっ」

「何で、一緒に入りたいんだよ?」

そう言えば、聞いたことなかったな…。

「アラタさんの裸が見たいから

明るい所でねエヘッ

「どスケベ」

真行寺の言動に、三洲は呆れ果てた。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。